文京区の税理士・あがつま税理士事務所

のお客様の声

効率と正確にこだわる税理士として文京区で活動

お客様の経理業務を確認し、効率良く作業を進められるように税理士として文京区でアドバイスをいたします。会計ソフトなど便利なツールを活用することにより、煩わしい経理業務の負担を大きく削減する効果が期待できます。ソフトの導入や使用に費用が発生したとしても、正確性や新たに経理スタッフを雇う費用と比べると、ソフトを使った方がお得度が高いのです。

ソフト導入時には仕訳のコツまで丁寧に指導し、問題なく作成ができているかどうかを確認します。

経理代行や業務改善をご提案する税理士事務所を文京区で営業

お客様のご希望に合わせた経理業務のサポートや経理代行を行っています。「経理担当者を雇う費用を用意できないので、経理業務を全て任せたい」「日常的な仕訳はスタッフが行うが、帳簿作成に不備や誤りがないかを定期的に確認してほしい」といったように、お客様一人ひとり必要とされている経理サービスが異なりますので、お客様によりそったサービスの提供に努めています。また、経理担当者がいる場合は、経理業務の負担が少しでも減らせるように改善点をアドバイスいたします。

小口現金を仮払いや消耗品の購入に充てているケースが少なくありませんが、現金の管理に多大な手間やコストがかかっていますので、小口現金がなくても業務が円滑に進むようであれば立替に移行するなどして、経理業務の負担を減らしています。小口現金の廃止が難しい場合は、業務負担を減らす他の方法をご提案いたします。

勘定科目の見直しをお手伝いする税理士として文京区で活動

お客様が経理のことで困ったときに気軽に相談できる存在でありたいと考えて日々業務に努めています。経理担当者は、口座の入出金記録を確認しそれに応じた仕訳を行ったり、経費の精算業務を行ったりと、煩雑な業務が多数発生してしまいます。しかも、どれも正確性やスピードを求められることから経理担当者の精神的・肉体的な負担が大きくなります。少しでも負担が和らぐように、業務の全てもしくは一部をお任せいただけます。また、経理担当者の業務を効率化するために、業務の見直しについてもご相談できます。

経理担当者は取引に応じて適した勘定科目を選んで仕訳を行いますが、その都度適切な勘定科目を選ぶのに時間がかかっているとそれだけ業務の効率が低下します。そこで、勘定科目を集約化して仕訳作業の負担を減らします。基本的なルールに従っていれば、勘定科目を統一しても構わないため都合に合わせた科目をご提案します。

会計ソフトの活用について税理士として文京区でサポート

業務の効率化のために導入している会計ソフトをより効果的に使えるように、税理士として文京区でサポートを行っています。これまでにも、会計ソフトを使用した経理業務を担ってきましたので、お客様の取引状況に応じた実践的な使い方をご提案できます。会計ソフトの導入によって仕訳作業の負担が大きく軽減されるのですが、さらに便利なツールを使うと、仕訳がかなり楽になります。現預金の動きが多いと、それだけ仕訳作業の負担が増えてしまいますが、中には発生頻度の高い仕訳があります。

取引のパターンは会社や業種によって決まっているケースがほとんどであるため、よく使う仕訳については自動的に仕訳してくれる機能が付いているソフトもあります。また、決算など年に一度発生する仕訳についても事前に登録しておくと、クリックするだけで自動的に仕訳が作成されるなど様々な機能があります。